クレストール 副作用

クレストールは医者に出されても飲みつつづけてはいけない薬

 

最近の週刊誌に「医者に出されても飲みつつづけてはいけない薬
という特集がありかなりの反響で雑誌も売れたようでした。

 

この特集には有名どころの薬が並んでおりその中の薬の1つにクレ
ストールがありました。

 

薬|クレストール副作用調査室

 

クレストールを飲んでいる人はぎょっとしたと思います。
1度飲み始めると何年も飲まないといけないので非常に不安になったのではないかと思います。

 

横紋筋融解症が発症したり、腎不全になって死亡してしまうという
ことです。

 

薬というのは必ず副作用があります。しかし、副作用すなわちデメリットを上回るメリットがあります。

 

この週刊誌は客寄せ記事としてこの「医者に出されても飲みつつづけてはいけない薬」を作成してそれなりに売れたのでしょう。

 

一番、いけないことは週刊誌の記事を見て病院にも行かず自分の判
断で薬の服用をやめてしまうことです。

 

クレストールというのは、コレステロール値を下げる薬なのでクレストールを飲まないことによって心筋梗塞・心不全・脳卒中になってしまう可能性があります。

 

週刊誌の何の根拠もない週刊誌を売りたい記事を信じたために心筋
梗塞・心不全・脳卒中になってしまったは悲惨です。

 

週刊誌|クレストール副作用調査室

 

ではどうすればいいかというと、主治医に相談するのです。
主治医に週刊誌に書いてあることを聞いてみるといいでしょう。
きちんとした主治医であれば説明をしてくれるはずです。

 

 

クレストールの副作用

 

クレストールの副作用について説明します。
薬である以上は何らかの副作用はあるので知っておいても損はないでしょう。

 

副作用|クレストール副作用調査室

 

  • 横紋筋融解症
  • ミオパシー
  • 肝炎
  • 肝機能障害
  • 黄疸
  • 血小板減少

 

もっとも多いのが、横紋筋融解症です。
もっとわかりやすい言葉に言い換えると「筋肉痛」です。

 

今までになかった部分に痛みやだるさが出てきます。
まれなケースですが、重症化するケースもあるようです。

 

発症するのは、飲み始めたころが最も多く飲み始めてしばらくしてからというのはあまりありません。

 

暑い季節に副作用が出やすくなるので水分不足には気をつけて下さい。

 

週刊誌の書いている「肝機能障害」にまで至るケースはほとんどありません。

 

服用することに不安がある場合は、主治医に相談するのがいいでしょう。信頼できる主治医こそが最大の薬と言えます。

 

 

コレステロールは食事や運動で減らすことが可能

 

コレステロール値は、信頼できる医師とクレストールで下げるということになりますが、少しでも薬は飲みたくないものです。

 

コレステロール値というのは、元々生活習慣の乱れからくることが多いので薬以外でも下げることができるのです。

 

薬を飲んでいても食事に関しては指摘されることなのでしっかりと食事の習慣を正してコレステロール値を下げるようにしましょう。

 

食事で気をつけないといけないのは以下のことです。

  • 夜9時以降は夕食を食べない
  • 腹八分目としてお腹一杯食べない
  • 脂っこいものなどコレステロールを多く含むと思われるものは控える
  • 野菜を多く食べる
  • 間食は控える

 

もうひとつ重要なのが運動です。
コレステロール値が高くなる年齢というのは30〜40歳代で仕事が忙しく運動する時間もあまり取れない年代です。

 

まず、日々のことから継続できる運動を少しずつやっていくのがいいです。歩く量を増やしていき、身体が慣れたら休日にランニングをするとかです。

 

ランニング|クレストール副作用調査室

 

少しでもいいので自分でできることを探しましょう。

 

平日は、毎日飲んで帰って休日は家でゴロゴロというのは最悪です。

 

 

生活習慣の改善では効果が出にくい

 

生活習慣の改善といっても実は効果がでにくいものです。
例えば、週に1回2〜3km走ったところでほとんど変わりはありません。

 

特に年齢が高くなればなるほど効果は少ないのです。
運動で体重が減れば脂肪は減少しコレステロール値や中性脂肪も下がるのですが、この体重がなかなか落ちません。

 

「やっぱり無理かあ」とあきらめるの必要はありません。
ひとつ試してほしいものがあります。

 

それは、DHAやEPAを含んだサプリメントです。
DHAやEPAというのは、コレステロールや中性脂肪を下げる働きをする成分です。

 

アジ・サバといった青魚に多く含まれていますが、必要分摂取するには多量の魚を食べないといけません。

 

サプリメントは、このDHAやEPAというのを効果的に摂取することができます。

 

クレストール副作用調査室−こんなにあるクレストールの副作用−
コレステロールを下げるサプリランキング